検査基準

あなたの今の位置:トップページ » 私たちについて » 検査基準

禮仁品質管理サービスは、購入した商品の品質を守るために、第三者のプロフェッショナルで公平、公正で誠実な態度で工場監査、サンプル検査、プロセス品質管理、出荷前検査、コンテナ積み上げ監督などのサービスを提供いたします。

品質承認基準(AQL)

弊社の検査員はすべてMIL-STD-105E(AQL)品質検査フォーム(AQL品質受諾基準とも呼ばれます)を使用してサンプリングと抜き取り検査を行います。 これらのチェックリストは米國規格に基づいており、すべての國內標準化機関と國際標準化機関には同等のチェックリスト(ANSI / ASQC Z1.4、ISO 2859、NF06-022、BS 6001、DIN 40080など)があります。 この方法は、製品のサンプリング検査を実行して、製品が適格であるかどうかを判定し、すべての製品を検査する必要がない場合に全世界に使用さています。

* 顧客の要求に応じてAQLレベルを決定する

サンプリングの受け入れ検査

サンプリングの受け入れ検査はあるロットに対し受け入れるかどうかを判斷する。まずあるロットの製品からサンプルを選定して検査し、その検査結果によって該ロットの受け入れを判斷する。

ロット検査

多種類の製品が集中生産で、サイズ、種類、生産條件と時間が一致で、その中からサンプリングして検査する。

一般的なサンプリング検査

サンプリング基準は、サンプリング方法の全體的な精度を表す。品質サンプリング基準を高めることは、サンプル數を増加させることを意味する。

一般サンプリング検査基準は三つのグレードに分けられているI、II と III 。

弊社の品質サンプリング標準は、デフォルトでレベルIIになります。

特別抜き取り検査基準

製品に特別な製品検査が必要な場合は、特別検査サンプリング標準を一般検査サンプリング標準に置き換えます。

特別抜き取り検査基準は S1、S2、S3とS4があります。

サンプルコード

サンプルコードはロットと抜き取り検査基準レベルによって生成されます。

サンプリング數量

検査のために採取された全サンプルの數。

品質受入レベルと欠陥分類

一般に、検査中に発見された欠陥は3つに分類されます。

* 致命欠陥

* 厳重結果

* 軽微欠陥

致命欠陥

致命的な欠陥は、強制的な規制に準拠していないか、または使用中に消費者の安全と財産に影響を及ぼす欠陥である。

弊社の受け入れ品質基準の致命的欠陥のデフォルト値はゼロです。

厳重缺陷

厳重的欠陥は製品の使用可能性を低下させる可能性のある欠陥と、安全性に影響を與えずに製品の販売に影響を及ぼす外観上の欠陥である。

弊社の受け入れ品質基準の厳重的欠陥のデフォルト値は0.25です。

軽微欠陥

軽微な欠陥とは、製品のユーザビリティに影響を與えないが、製品の販売や指定された品質基準とは異なる欠陥に影響する可能性のある欠陥である。

弊社の受け入れ品質基準の軽微的欠陥のデフォルト値は1です。

サンプルの數と受け入れの數を決定する方法は?

受入れ品質規格G-IIによると、ロット數量7,000個の製品が検査されると仮定すると、表Bは、サンプル數が200に達することを示している。 受け入れ品質基準0.25 / 1.0(主欠陥制御レベル/軽微欠陥制御レベル)によれば、対応する受入れ許容量は1個/ 5個である。 主要欠陥に1つ以上の欠陥があるか、または軽欠陥の數が5を超える場合、全ロットが拒否されます。

0.25,1.0の品質受け入れ検査基準におるとこのロット受け入れられる欠陥の基準は厳重的欠陥數は0、主要欠陥數は1件、軽微欠陥數量は5件。

もしランダムでサンプリングしたサンプルの厳重的欠陥がない場合、主要欠陥は1件、軽微欠陥は5件を超えた場合、このロットは不合格である。